通販で3D骨盤8の字回し・内転筋運動のトルネ8が買えるのは このサイトです

通販で3D骨盤8の字回し運動の出来る骨盤ローリング トルネ8が買えるのはこのサイト


1日5分(目安)の骨盤ローリングで楽しくウエスト・下腹すっきり!
骨盤周りの筋肉を総動員して鍛える「究極の骨盤周りエクササイズ」を目指した「トルネ8」。



骨盤は腰椎から背骨、股関節から両脚につながり姿勢・歩行を支える
大事な部位です。その周りの筋肉の機能を刺激することで、ひいては
下腹、太もも、お尻、ウエストなどボディの美しさにもつながります。



美しく健康的な身体づくりは、骨盤周りの筋肉のエクササイズから。
ラボネッツは、骨盤周りの筋肉をより効率的に、エクササイズ
できる方法を模索してきました。


広く知られている「骨盤周り回し」は横方向へのスライド運動が主流と
なっています。しかし、骨盤周りの筋肉は、多方向に入り組んでおり、
横のみの回転ではアプローチできる筋肉のエクササイズが限られてきます。


そこで、一輪車の動きからヒントを得て横方向だけでなく、縦、前後方向も
総合的に鍛える3Dの8の字動きを考案しました。








骨盤ローリング トルネ8の使い方は、
(1)本体の両面に、ベルトを装着
本体の連結部の穴の中に、「1、2、3」と番号が書いてあります。1の位置が一番、径が小さくて回しやすく、3が一番、大きな径で回す設定です。ご自身のレベルに合わせて位置を決めてください。

本体の左右両面、同じ番号の穴に、固定パーツを連結します。穴の中に2か所、凸レールがありますので、そこに固定パーツの連結部分の突起が合うように差し込み、カチッと音がするまではめてください。


(2)ベルトを調整します。
ベルトの長さは、内側に通す部分で取り外して、調整ができます。太ももの、膝のすぐ上の部分にベルトをはめてみて、通す分量を調整して長さを合わせ、しっかりとベルトのテープを固定してください。


(3)装着
ベルトの長さが調整できたら、椅子に座って、「Labonetz」とロゴの入った面が左にくるように、両太ももの間に本体をはさみ、ベルトのクッション部分を太ももの膝の真上のあたりに当てます。この時、左右、同じ固定位置になるようにしましょう。太ももの裏側からゴムベルトを引っ張り、太ももとベルトの間にすきまができないよう、ぴったりと固定します。


(4)エクササイズ
こぶし2つ分、脚を開いて立ち、左右交互に、かかとを上げ、骨盤(ウエストの下の骨部分)から脚全体を引きあげて前に回すようにします。脚だけや膝だけでなく、腰から左右交互に引き上げるよう意識してください。
基本の立ち姿勢だけでなく、椅子に座った姿勢、床でのお尻歩きと3パターンの使い方が楽しめます。







1日3~4分、2回を目安にご使用ください。



骨盤ローリング トルネ8を椅子に座って行う場合は浅く座り、骨盤周りを動かすように使用してください。


使い始めは、机や壁につかまって使用してしてください。


慣れるまでは、手を床について、骨盤周りを動かすように使用した方が良いでしょう。







この、すぐ下の画像・バナーをクリックすると公式サイトが開くので、ご覧下さい。






クレジットカードが造れない人・手数料を払いたくない人へ朗報















また、この下のリンク集をクリックすると、他にも役に立つ商品、お買い得品の紹介をしてます。

無料メールマガジン【情報局 栂嶋】は、休刊中です。しかし、バックナンバーで面白ネタや、マメ知識などは読めますから、アクセスしてみて下さい。
サイトを開いたページの中ほどにある、【バックナンバーの全て公開】をクリックすると、メルマガが読めます。

お問い合わせ・ご意見・ご要望は、一番下のリンク文字をクリックして下さい。ご要望は、全力で対応します。

【情報局 栂嶋】

     
役立つ商品・オススメ商品 栂嶋のホームページ

家電商品の専門ショップ 栂嶋

健康グッズの専門店 栂嶋

夏の快適グッズ専門店 栂嶋

小型カメラ・スパイグッズ専門店 栂嶋

健康器具専門店 栂嶋

お問い合わせ・ご意見・ご要望










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

スポンサーリンク
google.com, pub-1982588439847668, DIRECT, f08c47fec0942fa0

プロフィール

majinvoice

Author:majinvoice
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
google.com, pub-1982588439847668, DIRECT, f08c47fec0942fa0
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR